【成人式】振袖・髪型情報

スポンサードリンク



下ごしらえ

振り袖の下着という考え方でよいと思います。

「足袋と肌着をつけて長襦袢を着る。」


準備するもの

・肌着(肌襦袢と裾よけ)
・足袋
・半襟
・長襦袢
・腰紐2本
・伊達締め2本
・三重ひも
・帯板
・タオル(or綿)
・クリップ3個



まず、白い足袋をはき肌着をつける。
次に半襟をつけた長襦袢を着て伊達締めを結ぶ。
 
 *長襦袢は振り袖用の袖の長いものを用意する。

長襦袢の後ろの襟は抜きすぎず襟元をきちんと合わせる。



着物の後ろ襟のところを抜きすぎると若々しさが半減。
芸子さんなど、後ろ襟を抜いている人もかっこいいと思いますが、
成人式ではやっぱり初々しさも欲しいですよね。


ここまでが振り袖の下ごしらえ(下着の着方)でした。

成人式の髪型振袖を選ぶ

着物を着る準備の動画

振り袖と言うより着物全般と言うことでしょうが
参考になると思いますので動画をお借りしてきました。

着物の着付シリーズ1/4 「着付の準備編」byわただ


動画by大阪の呉服屋「わただ」様


小物の名前だけじゃわからないものもありますよね。
さすが呉服屋さん。
丁寧に説明してくれているのでわかりやすくイメージもしやすいと思います。


一度そろえれば、後は色を変えたりして買い足していけばいろいろな着物を着ることができます。
せっかくなので着物を着るときに必要な基本なものですから覚えておくといいですよね。

成人式の髪型振袖を選ぶ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。